キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 パーソナルトレーニングを行うにあたっての資格 : パーソナルトレーニング極限攻略ガイド

パーソナルトレーニングを行うにあたっての資格

民間資格のNSCA-CPT、CSCSを取得することで、パーソナルトレーニングを教えるための基礎知識を持っているという証明になる

パーソナルトレーニング極限攻略ガイドのメイン画像

パーソナルトレーニングを行うにあたっての資格

パーソナルトレーナーになるための資格は明確には定義されていませんが、パーソナルトレーニングを行うにあたり、NSCA-CPT (NSCA認定パーソナルトレーナー)という民間資格があり、持っていると採用の際に優位になるケースもあります。

資格試験の出願条件は出願時に18歳以上の高等学校卒業以上の者とされています。

学校の卒業証明書などが必要になります。

また、NSCAジャパンの会員か、申し込み時に会員手続きを行っていることも条件です。

CPRおよびAEDの認定を持っていないと試験に出願することができません。

CPRおよびAEDの認定はオンラインコースだけでは不可で、実技の評価がなければいけません。

試験時間は3時間に及び、スコアード問題とノンスコアード問題の150問を受けます。

マークシート方式になっています。

そのうち35問はビデオ映像を見て答える質問になっています。

パーソナルトレーニングを行うにあたり、必要な知識があるという証明になる資格です。

CSCS(認定ストレングス&コンディショニングスペシャリスト)という資格もあります。

この資格は、アスリートやスポーツチームを指導する際に持っていると良い資格です。

傷害予防にパフォーマンス向上を目的にした安全かつ効果的なプログラムの計画、実行ができる人材を認定する目的でできた資格です。

こちらは出願条件として4年生大学を卒業している、もしくは卒業見込みであること、4年制以上の専門学校卒で、文科省が指定した課程を修めた高度専門士であることが求められています。

また、NSCAジャパンの会員か、出願時に会員手続きを行っていることが条件なのはNSCA-CPTの出願と同様です。

CPRおよびAEDの認定を持っているか、受験日の1年後までに認定を提出することも義務付けられています。

↓気になるワードはこちらから検索↓

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索